藻食性動物図鑑

 

ウニの写真はクッリクすると大きくなります。戻るにはブラウザの「戻る」をクリックして下さい。

ムラサキウニ
写真の中の黒い物体がムラサキウニです。本州中部から九州の浅海の岩礁域にいます。ウニは食用となりますが、このような海藻の少ない場所のウニは中身がすかすかで食べられません。

アイゴ
主に本州中部以南の沿岸の海藻の生えているところにいます。食用にもなります。

 


藻食性動物逸話

事例1.腹を空かしたウニやアイゴのいる海域に種苗ネットを敷設することは、彼らに餌を与えるようなものでした。

事例2.ある日、造成海域に行くと、真っさらな白いネットが設置されていました。
      確か、先週は種苗が生えていたのに・・・。造成サブチーフの絶句した顔は、今でも忘れられません。

結果1.これらの経験から、種苗ネットを小さな目合いの網(藻場防御ネット)で囲むなどの工夫で海藻は順調に育ち、
      生殖器床も現れ卵もできました。

今後1.ウニやアイゴだけではなく、他にも新手の手強い生き物が現れる可能性があり、
     その都度対策をお知らせします・・・。なお、ご存じの対策があれば教えて下さい。