藻場写真集

 

 藻場には、藻場を構成する主要な海藻の名前から、アラメ場、カジメ場、ガラモ場、ワカメ場、コンブ場、
テングサ場、アマモ場などがあります。
しかし、アラメ場といっても、アラメだけではなく紅藻類などのいろいろな海藻類も生えています。


写真をクリックすると大きくなります。戻るにはブラウザの「戻る」をクリックして下さい。

アラメ場

太平洋岸の東北地方以南に見られます。
撮影地:千葉県金谷

ガラモ場

ホンダワラ類によって構成され、日本沿岸に見られます。
撮影地:千葉県金谷

ヒジキ場

太平洋側では北海道南部から沖縄まで、日本海側では福井以南に見られます。
撮影地:千葉県金谷

 

カジメ場

銚子以南に見られます。
カジメは、茎部からさらに二叉分枝する茎がないことでアラメと区別できます。
撮影地:三重県鳥羽

アマモ場

内湾の波静かな、砂泥に見られます。
前の4種は褐藻類ですが、アマモは種子植物で、大変小さな花が咲きます。
撮影地:愛知県常滑

 


これらの藻場には、この写真のように多くの生物が集まって来ます。

藻場が出来ると様々な生物が集まってきます。
藻場を隠れ家にしたり、藻場に集まる小さな動物を餌にしたり、時には卵を産み付けにきたり 集まる理由は様々です。
ところが時折、この生物の集まり方が片寄っていると、困ったことが起こります。
海藻を食べる動物だけがたくさん集まると、困ったことが・・・
一応、海藻を食い散らかすということで・・・

藻食性動物図鑑へ