ごあいさつ

自然と人が調和・共生することを目標とする環境共生時代に入りました。
一つ、一つの開発事業は人類にとって不可欠なものであり、
それを「環境にやさしく、生態系にやさしく」、つまりそれぞれがバランスを保つ開発にするためには、
「正しく海や生態系を知る」ことが不可欠であると思われます。
我々は、過去の教科書には縛られない柔軟な発想をもって、
新しい環境創造に貢献したいと念願しています。

                   代表取締役 黒川 潤